TOP » 冬虫夏草の基礎知識 » 冬虫夏草の「偽物」に注意!

冬虫夏草の「偽物」に注意!

冬虫夏草の偽物

古くから中国薬膳料理の食材や漢方薬の原料として珍重されてきた冬虫夏草。一時期のブームによる価格の高騰をきっかけに、市場には冬虫夏草の偽物や粗悪品が出回るようになってしまいました。中には健康被害を誘発しかねない危険な製品も存在するので、購入に際して慎重に検討する必要があります。それが本当に冬虫夏草なのか、摂取しても問題ないものなのか、しっかりと調査をした上で選ぶようにしなければなりません。

冬虫夏草とは

冬虫夏草

冬虫夏草は、古来より不老長寿の秘薬などと呼ばれ珍重されてきたキノコ。中国薬膳料理の食材や漢方薬の原料などに使われ、長きにわたる研究によってさまざまな健康効果が発見されています。

子囊菌類のキノコの一種で、冬の間に昆虫の身体に寄生し、夏になると宿主の殻を突き破って子実体が生えてきます。こういった特徴を持つキノコは全て冬虫夏草と呼ばれますが、菌の種類などに関して厳密な定義はなく、現在確認されているものだけで500種類以上の冬虫夏草が存在するそうです。

かつては秦の始皇帝や楊貴妃も愛用し、近年では中国のスポーツ選手の強化に取り入れられたことで話題になりました。

国によって異なる「冬虫夏草」

日本と中国では「冬虫夏草」の定義がやや異なっています。中国ではチベットなどに生息するオオコウモリガを宿主としたオフィオコルディセプス・シネンシスというキノコのみを冬虫夏草と呼び、それ以外のものは「虫草」と呼ぶのが一般的。日本ではセミに寄生するセミタケ、ガに寄生するサナギタケなどもまとめて冬虫夏草と呼んでいますが、中国ではより限定的な呼称として使われているようです。

注意しなければならないのは、こういった定義の曖昧さ、認識の差異などを逆手にとり、本来なら冬虫夏草とは呼べないようなものを本物と偽って販売する業者がいるということ。冬虫夏草を購入する際には、それが本当に冬虫夏草なのか、摂取しても問題ないものなのか、しっかりと調査をした上で選ぶようにしなければなりません。

価格が高騰し偽物・粗悪品が横行

急激な人気の高まりにより、チベット産の冬虫夏草は価格が高騰。一時は1kgあたり800万円とも報道されました。その人気の高まりに乗じ、悪徳業者による偽物や粗悪品も市場に出回るようになってしまいました。

その手法としては、昆虫の幼虫やサナギにキノコの菌糸を注射し、冬虫夏草を人工的に発生させるというものが有名。他にも、虫ではなく穀類から発生させたものや、そもそもキノコですらない、小麦粉などの粉末を加熱して色をつけただけの紛い物まであるそうです。中には、冬虫夏草に見せかけた偽物に水銀を注入して重量をごまかしている危険なものも見つかっているので注意が必要です。

乱獲による収穫量の減少

ブームによって中国では冬虫夏草の乱獲が起き、採集をめぐってはチベット族同士の大規模な衝突まで発生してしまいました。

その結果、中国本土での冬虫夏草の収穫量は激減し、希少な天然の冬虫夏草は国外への持ち出しが禁止されてしまったのです。そもそも、中国における冬虫夏草の産地はチベット族が暮らす標高3500~5000mの高山地帯。採取も困難な貴重品です。そんな希少な冬虫夏草を一斉に獲り尽くせば、今の状況は当然の結果ともいえます。

「本物」の冬虫夏草を選ぶために

偽物を見分けることは困難

冬虫夏草は味や香りを楽しむような食材ではないため、偽物を口にしても気付くことは難しいでしょう。そもそも、一般の消費者で冬虫夏草の味を知っている人はほとんどいないはずです。また、粉末状などに加工された商品なら見た目で判断することもできません。

有害な成分が含まれた偽物を摂取するリスクを極力避け、なるべく製造過程などが明らかにされた信頼性の高い商品を選ぶようにすると良いでしょう。

日本国内産冬虫夏草に注目

冬虫夏草は日本国内にも生息しており、現在では人工栽培の技術も確立されています。希少なチベット産冬虫夏草のような偽物・粗悪品のリスクも低く、安全面や品質面において信頼性が高いのが国産冬虫夏草の特徴といえます。

偽物による健康被害を避けたい、品質面や衛生面で安心できる製品を選びたい、という方には、国産冬虫夏草がおすすめです。

関連ページ

品質と安全性への取り組みで選んだ!国産冬虫夏草サプリ3選

冬虫夏草の基礎知識
冬虫夏草の味と匂い
人体に寄生する冬虫夏草は存在する?